銀行でフリーローンというのも珍しくなくなっている

以前の銀行のイメージでは、銀行で借りられるのは、住宅ローン、カーローン、教育ローンのような、目的のハッキリしたローンが多かったような気がします。

使途目的自由のフリーローンは、消費者金融や信販会社の管轄、というイメージでした。

でも、改正貸金業法が施行されてから、銀行でフリーローンを取り扱っているのも珍しくなくなってきている。

消費者金融も大手は銀行傘下に入っているし、銀行もフローローンの審査は消費者金融を保障会社としてまかせているケースも多々。

でも、金利はやっぱり銀行のほうが低め。それに、総量規制の対象外というのも銀行ならでは。

ただ、銀行も消費者金融も信用情報は共有しているわけだから、どこにいくら借りているという情報は必ずチェックするだろうし、そうそう無理な融資はしないから、実質、年収3分の1の縛りはあるようなものだと思うんだけどね。

そうそう、昔と大きく違うのは、銀行の形態も、実店舗のある銀行だけじゃなく、ネット銀行と言って、実店舗を持たない代わりに、その維持費が要らない分、金利やサービスに還元してくれるところができたこと。

銀行と一口に言っても、審査の厳しめなところ、緩めなところ、基準はいろいろのようですよ。ローン商品にもよるみたい。